お見舞いの花ギフト

お見舞いの花

病気やケガで入院している方に、お見舞いの花ギフトを贈ってみてはどうでしょうか。
花は、入院生活を余儀なくされている方の心を癒してくれます。
またその花を見るたびに、贈り主の心遣いが思い起こされて、温かい気持ちになれます。

 

お見舞いの花ギフトを贈るときには、タイミングを見計らいましょう。
入院直後は何かと慌ただしいので、避けなければなりません。
また、思ったより経過がよくて、退院して自宅で療養ということもありえます。
身内の方にお聞きして、落ち着いた頃に見舞うのがよいでしょう。

 

お見舞いの花ギフトには、鉢植えの花は「根付く」といって、タブーとされています。
また、香りの強いものや花粉が飛び散りやすいものなどもいけません。
お世話をする方の手を煩わせないように、
アレンジメントスタイルで、そのまま置いておける花を選んだほうがよいでしょう。

 

病室がぱっと明るくなる お見舞いに贈るアレンジメント

 

花そのものが持ち込みできない場合もあるので、
受付で了解をとってから、病室に持ち込むようにしましょう。

 

日比谷花壇 フラワーギフト 送料無料 花束

PR